想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、  産業カウンセラー“enpapa”のブログです!

偶然をチャンスに変える!

最近、買った本(生きづらい時代の幸福論)や
メールマガジン、経済誌など、立て続けにいろいろなところで、
J.D.クランボルツ教授
プランド・ハプンスタンス・セオリー“計画された偶発性の理論”
に触れる機会がありました。
同教授の名前は、キャリア・カウンセリング テキストにもありましたが、
この理論、確か、、、
先日の私たちの勉強会の中でも話に出てきたような、、、。

偶発的に予想外の出来事が起こったとき、
それを「チャンス」ととらえるか、「不慮の災難」ととらえるかで、
人のキャリアの方向性は大きく変わってしまうと言います。

また、昨今の環境変化の激しい時代にあっては、
従来の固定的なキャリアデザインでは対応できない。
この予期せぬ出来事や偶然の出来事が
人のキャリアに大きな影響を及ぼしているそうです。

チャンスに変えることができる人の5つの要素
1、好奇心・・・何が自分の好奇心をかきたてるかを知る。
2、持続性・・・たとえ失敗しても、続けていく力を持つ。
3、柔軟性・・・物事を固定的にとらえず姿勢や状況を変える。
4、楽観性・・・新しい機会は必ず来る、それを生かせると考える。
5、冒険心・・・結果が見えない場合でも行動を起こす。

まさに、ポジティブシンキングの基本ですね。
不確実性の時代、不安と混沌の社会の中を
生き抜くための必須アイテムとして
最近、特に注目されているのでしょうか。

この理論、、、こころが疲れているときは、
正直、ちょっと距離を置きたくなる時もあります。
そんなときは、がんばらないジャンルの本を
読んだりすればよいのです。

でも、これまでの私の転職経験とキャリアは
振り返ると、まさに良きにつけ悪しきにつけ、
プランド・ハプンスタンス・セオリーによって
左右され、形成されてきた感があります。

さあ、これからの私の偶然は、
どんなことが待っているのでしょうか?
楽しみです!!

byえんぱぱ

PageTop

進藤奈邦子さん

きょうのNHK“プロフェッショナル‐‐‐仕事の流儀”
WHOで活躍する
進藤奈邦子さんのお話でした。

2度目のご登場とのことで、
進藤さんご自身のことよりも
流行する新型インフルエンザに
焦点をあてた番組作りになっていました。

大流行で疲労困憊している医療関係者に、
あたたかい言葉で、努力を讃え、
しっかり激励しておられました。

多くの方を救いたいという使命感で、
ご自身も激務で睡眠不足が続く日々、、、。

早逝された弟さんとの誓いが、
エネルギッシュに活動される原動力
となっているのは確かなようです。

「大事なのは、
理想を少しでも自分に引き寄せる意志と、
遂行力だと思います」

(世界保健機構WHO 医師 進藤奈邦子さんの言葉)

この言葉に、いつも、
自分の生き方や考え方について考えさせられます。

自分が大切にしたいもの、
自分がめざすものをしっかり見定めて

その為に、いま自分が何をすべきか
いつも考えて行動したいと思っています。

byえんぱぱ

PageTop

十津川警部シリーズ

横で、娘が、月曜ゴールデン“十津川警部シリーズ”に
熱心に見入っています。

えっ~、サスペンス好みだったのかな???、、、

、、、実は、このドラマに、
娘の友人が、女優として出演しているんです。

なんと、中学・高校の6年間もクラスが一緒(奇跡的と言われています)、、
部活もずっと一緒、、
名前(苗字ではなく)も同じ字で同じ読み方、、、
いまでも仲良し、、。
もちろん、私もよく知っています。
かわいくて、はきはきして、印象に残るお嬢さんです。

映画をはじめ、ドラマや、フジパンやロッテのCMにも出ていて、
2時間ドラマも、もうかなりの数、、、
どんどん役柄も重要になっています。

そうそう、このお嬢さんが大学時代に通った
東京の俳優養成スクールの代表は、
なんと私の父(娘からするとおじいちゃん)の従兄弟という
不思議なつながりに、またもびっくりです。

これからも、家族みんなで応援していきます!!

byえんぱぱ

PageTop

明日のNHK番組、、、

明日のNHK総合TV番組
9月29日(火)22:00~22:48
“プロフェッショナル‐‐‐仕事の流儀” は、
WHOで
新型インフルエンザ危機対策チーム統括をつとめるメディカルオフィサー
進藤奈邦子さんのお話だそうです。

以前、新聞に、この方の記事が載っていました。
「大事なのは、
理想を少しでも自分に引き寄せる意志と、
遂行力だと思います」

(世界保健機構WHO 医師 進藤奈邦子さんの言葉)

とても潔く言い切ったこの言葉は、
インパクトがあって、勇気づけられました。
それ以来、私の座右の銘とさせていただいています。

司会者の脳科学者 茂木健一郎氏
進藤さんの仕事の流儀、そして、この方の生き方も含めて
どう関わり、どう聴き出すのか、興味津々です。

byえんぱぱ

PageTop

やっと、お披露目、さんざしの実。

春先に新芽、そのあと白い花をご紹介した“さんざし”、、、
実家の庭で、この秋、赤い実をつけました。


母からは、漢方薬になる実で、
果実酒にすると良いと聞いていましたが、、、、。

梅雨の後の庭木の剪定で、
バッサ、バッサ、と思いっきり切られてしまい、
そのあと若い実は、夏の害虫にかじられて、、、。

きれいな形を見せてくれたのは、
ほんの数個というありさま。
たくさん実がついたら、
メンバーにもおすそ分けと思っていましたが、
この秋は、写真鑑賞でご勘弁を、、!

byえんぱぱ

PageTop

老舗の守り神

実家のある街のうなぎやさん
創業は文久3年(1863年)といいますから、
もう145年の老舗です。
もちろん、ここのうなぎは
地元に限らず多くの方のごひいきを受けています。

お店の構えも歴史を感じさせます。
うなぎ福田屋2009.9.27右側の柱の足元にご注目!!

先日気付いたのですが、
お店の左右両端にあるアーケードの柱の足元に、、、
福田屋の布袋様2009.9.27福田屋の弁天様2009.9.27
黄金に輝く布袋さまと弁天様が!!

柱の雨水の排出口?のくぼみに、鎮座されています。
アーケードの他の柱には無く、ここだけ、、、。
お店の方の信心と遊び心に、
ほほえましく感じました。

ご多分にもれず、昔ほどのにぎわいがなくなった
商店街アーケードのほぼ中央あたり、
子供の頃の記憶のままのお店が
いまでも元気で、うれしい限りです。

byえんぱぱ

PageTop

サンセベリアの花

久しぶりに花の話題、、、。
会社のサンセベリアがつぼみをつけて、約10日目、、
やっと開花しました。

10日前のつぼみ、、花芽のつけねに蜜線があり、
透明な蜜の玉を作っています。
サンセベリアつぼみ2009.9.15

やっと、開花しました。
小さな花が次々と咲きます。
サンセベリアの花2009.9.25

サンセベリアは、リュウゼツランの一種
乾燥に強い多肉植物なので、水やりの手間いらず、、。
空気をきれいにする機能を持っているとも言われる
観葉植物の代表選手です。

農業法人時代に、
広島や東京の花市場へ視察に行ったり、
仕入れで入荷した多くの種類の植物を見てきましたが、
この花を見たのは初めてです。

小さな花は、午後開いて、次の朝にはしぼむようです。
でも次から次に開花しています。
あまり良い香りはしないようですが、
珍しさもあって、毎日、観察しています。

珍しい花、、、
良いことの前触れであって欲しいと
願っています。

byえんぱぱ

PageTop

八女福島(その3)、燈籠人形公演

八女福島の町を散策し、大満足の昼食の後、
いよいよ公演の時間になりました。

国指定重要無形文化財
八女福島の燈籠人形公演です。
八女福島の燈籠人形公演ポスター2009.9.23
今日の目的は、実はこの公演を観ること、、。
260年以上の歴史を持ち、
毎年秋分の日前後に、福島八幡宮の境内で公演されます。
八女福島燈籠人形①2009.9.23
この木造三階建ての立派な建物、、、
実は、この公演のためだけに組み立てられ
終わると解体されて、倉庫の中で、来年を待つそうです。

赤白幕の二階部分が舞台、
上の三階(障子のところ)が、太鼓やお囃子の場所です。

前解説の後、太鼓のリズムで舞台が幕を明けました。
八女福島燈籠人形②2009.9.23
舞台左右の子供さんは、後見役だそうです。
途中、座布団から滑り落ちそうになったり、、、
観客から“かわいい!!”との声も挙がっていました。

娯楽の少ない昔は、まわりの町や村から、
多くの人々が楽しみに集まってきていたのでしょうネ。

八女福島燈籠人形③2009.9.23
この舞台、総勢40数人の方が気持ちをひとつにして
演じておられるそうです。
人形の動きやからくり、舞台の仕掛けなど、
先人の知恵にも感嘆しきりでした。

太鼓やお囃子の音に、なにかしら暖かいものを感じるのは、
そういう歳になったんだな~、、と想いながら、、、
終演までしっかり鑑賞しました。

伝統文化にしっかり浸った秋分の日でした。(おしまい。)

byえんぱぱ

PageTop

八女福島の町並み(その2)

八女福島の町並み散策中に、お昼になりました。

通りかかったお蕎麦屋さん、、、
“新蕎麦”の表示に惹かれて、ふら~りと、入ってみました。
八女の蕎麦屋・なな草①2009.9.23
八女の蕎麦屋・なな草②2009.9.23

ざるそば、、、とろろそば(温)と地鶏ごはん、、、
八女の蕎麦屋・なな草③2009.9.23八女の蕎麦屋・なな草④2009.9.23
温そばのおつゆが、とても味が深くそれでいて、お値段は庶民的。
もちろん蕎麦自体も、とても美味しいです!!

若い方がされているお店のようです。
見えないところにも手間を惜しまず、
一品一品に、こころを込めた様子が、しっかり味に出ている、、。
そんな気持ちが、ちゃんと伝わってきました。
後で調べたらいろいろな方のブログにも紹介されていました。

ふだんは、デザート付きの違うメニューもあるようで、、、
近くを通ったらぜひまた行きたい!と思わせる良いお店です。

そば庵“なな草”
【住所】 八女市本町154-3
【電話】 0943-24-3362
【営業時間】 11:30〜15:00 18:00〜20:00
【定休日】 水曜 *祝日の場合は営業


さて、次は、いよいよ本番!!、、、
(まだ、続く、、、)

byえんぱぱ

PageTop

八女福島の町並み(その1)

シルバーウィーク最終日、八女市福島を訪れました。
古い町並みを大切に生かし、町屋まつりが催されていました。
福島仏壇など古くから伝統工芸の町としても知られています。

八女福島の町並み①2009.9.23
昔懐かしい店構え、、、
看板もショーウインドウも、レトロです!

こちらは、カフェ、、、。なかなか、おもしろい名前です!!
八女福島の町並み②2009.9.23
ここはお食事処。
八女福島の町並み④2009.9.23

一番手前のお店は、弓道で使う矢を作る工房です。
八女福島の町並み③2009.9.23
矢を作る実演をされている相良矢工房のご主人と
ちょっとだけお話しさせていただきました。
買い求めた矢のミニチュア
八女矢ミニチュア・相良矢工房2009.9.23

他にも、著名な久留米絣・森山工房の方が
機織りの実演をされていました。
久留米絣実演・森山工房2009.9.23

のんびり散策するには、とても静かで風情のある町並みです。

(続く、、、)

byえんぱぱ

PageTop