想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、  産業カウンセラー“enpapa”のブログです!

春の息吹、、

植物は春の訪れを
しっかり知らせてくれます。

ミニばら
暖かい陽ざしを浴びて
新芽や若葉が次々に生まれています。
ミニばらの新芽2010.2.28

7年ほど経つデンファレ(洋ランの一種)は
今年も忘れずに
ちゃんと花芽をつけました。
デンファレの花芽2010.2.28

おひなさまにお供えした桃の花
紅白、咲き揃いました。
桃の花2010.2.28

明日から、うれしい3月です。

byえんぱぱ

PageTop

22.2.22、、、22:22:22

今日は、平成22年2月22日です。
なかなか巡り合うことのない日付、、、
というか、もう同じ日はないので、
記念にブログ記事を書きます。
時間も現在、22時22分22秒、、、
ちゃんと合わせてアップしました。

他の日と同じ1日なのに、
何かしら気になるものですね。
“人のこだわり”とは、
そんなものかもしれません。
気になれば“存在”するし、
気が付かなければ“無”なのかも、、、。

そういえば、昨日から
かめきちくんが起きてきて
ごそごそ歩き回っています。
今週は、暖かい日が続くそうで、
いよいよ、冬眠明けのようです。

byえんぱぱ

PageTop

オニヅカバイオシステム

昨日は、休暇をもらって勉強会へ行く途中、
夜須町のオニヅカバイオシステムの直営店へ寄りました。
*昨年5/31、今年1/24にも、
 このブログ記事でご紹介しました。

ガーデニングにとって、2月はシーズンオフ。
でも、春に備えて、
花苗の準備やレイアウトのやり直しなどで
忙しそうでした。

お店の中は、相変わらず
かわいい寄植えたちが目を惹きます。
寄植え①2010.2.17
寄植え②2010.2.17

こちらはルピナスです。
ポット苗のまま、花が咲いていますが、
彩り豊かで、壮観な眺めです。
ルピナス2010.2.17

この季節のおすすめは、クリスマスローズ
多様な品種があり、愛好家も多い玄人好みの花です。
クリスマスローズ①2010.2.17
クリスマスローズ②2010.2.17

この花には珍しい、和風仕立てがあったので、
さっそく、衝動買い!
鉢や苔の雰囲気が、ミニ盆栽風です。
なかなかの人気だそうです。
今日のお買いもの2010.2.17
つぼみも含め、これから5~6輪咲くそうです。

合格の花というネーミングは、
うれしいですね。
この花が咲く頃には、
この勉強会にも、
新しいカウンセラーのひよこが
誕生する予定ですので、、、。

ところで、このお店の責任者
ガーデニングアドバイザーでもある井上さん
ブログデビューされました。
ぼちぼちマイペースで
記事を載せていかれるそうです。
是非のぞいてみてください。

オニヅカバイオシステム シゲ丸店長のブログ
ガーデニングで行こう!

http://ameblo.jp/ino-4gesan/

byえんぱぱ

PageTop

構成的エンカウンターグループ・ワーク

今日は、ゆうじんの会、2月度の勉強会でした。
T先生の“構成的エンカウンターグループ”3回目です。

構成的エンカウンターグループ、、、
リーダーが提示する一定の
段階的プログラム(エクササイズ・課題)
を中心に進めていく。
複数の参加者(数十人から数百人)で、
数時間から数日での
自己主張や自己表現の訓練を行い、
自己理解・自己開示・振り返りなどを行うもの。
~産業カウンセラー 養成講座テキストより抜粋~


今日のワークは、
今(現在)の自分・家族・仕事
画用紙に円などの絵を描いて自分を表現するもの、、。

描画の後、2人一組で、
自分の絵について相手に説明。
その後、全員の前で、一人ずつ発表しました。

描かれた絵の、円や楕円、形、、、
線の太さや色分け、、
位置関係やバランス、、

それぞれ理由や解釈があり、
みんな個性豊かな画ばかり。

自分と家族の関わり
仕事への姿勢などが
絵の中に、見事に視覚化されました。

絵を描きながら、そして発表しながら
自分の性格やこだわり、価値観などを
素直に振り返り、自己開示することができました。

次の段階では“未来の自分”も描き、
自分の生き方や方向性
社会との関わり方について
自己理解が進んだように思います。

いつもながら、T先生の
ファシリテーター(促進者)役のおかげで
心地よい和やかな時間を
共有することができました。
T先生、楽しいセッションを
ありがとうございました。

次回、3月度(3月17日)は、
K先生の
“福祉行政における
   若年者キャリアカウンセリングの実際”

が予定されています。
現実的なテーマですが、
最近の社会情勢やご経験談を
お聴きできるものと楽しみにしています。

byえんぱぱ

PageTop

えっ!すこし気が早いんじゃないの!!

早くも、お出まし!
、、と、言っても
かめきちくんの冬眠明けではありません。

会社の敷地の一角に、
気の早いお坊ちゃまが、顔を出しました!!
初つくし2010.2.16
今年の初つくしです!

今週は冷え込んでいるので、
風邪をひかないようにネ!

byえんぱぱ

PageTop

梅が見頃です。

今日は、家族それぞれ所用で、
違う県で1日を過ごしました。

うちの奥さんは、北へ(福岡)
娘は、東へ(大分)
そして私は、西へ(長崎)
朝から、見事な別行動でした。

もう一人いれば、
南(熊本)で、
東西南北パーフェクト達成なのですが、、、(笑)

私が住んでいるところは、
九州のクロスロードとも呼ばれ、
どこへ行くにも、とても便利なのです。

さて、長崎の実家の庭では
数種類の寒椿がひっそりと咲いていました。
寒椿?2010.2.13
寒椿?2010.2.13
東の庭では、紅白の梅が見頃!
白梅2010.2.13
紅梅2010.2.13
白梅の横に、
むべの樹の茂みがあり、
メジロが来ているのを発見!
住宅地なのですが、近くの里山から
降りてきているのでしょう。

シャッターチャンスを狙ったのですが、
人の気配に気付いて
どこかへ飛んで行ってしまいました。
自然の動物を撮影するのは
なかなか難しいですね。

庭の様子にも、
春の訪れが感じられます。

byえんぱぱ

PageTop

その幸運は、、、第6章

その幸運は偶然ではないんです! の本より

第6章 行動を起こして自分の運をつくりだす

過去の自分をひきずったり、
意にそわない現在の仕事に
こだわる必要はありません。

将来に向かって
今の自分や環境を変えていくこと、
そのために行動を起こすことが大切です。

チャンスを見つけるために
積極的に行動を起こすことが、
自分の幸福をつくりだすことにつながるのです。


~J.D.クランボルツ他著 ダイヤモンド社~  より引用・要旨


クランボルツは、行動する上での
いくつかの留意点を述べています。

*常にベストを尽くす
 それが後で返ってくる

*自信がなくても
 チャレンジすることを恐れない

*拒絶されてもあきらめない


元気な気持ちの時は、
あたりまえに感じることかもしれませんが、
失敗して自分が見えなくなったり、
苦しくて落ち込んだ時こそ、
冷静に対処するアドバイスとして
活きてくるのかもしれません。

~想定外の出来事をつくりだす方法~

行動を起こす準備をする
  意思を固め、行動のステップを決める

行動の障害を乗り越える
  もし失敗してもなにもしないより悪い状況にはならない

行動を起こす・Ⅰ
  キャリアの悩みをあらゆる種類の人に相談する
  ネットワークをつくり、交流し、関係を築く

行動を起こす・Ⅱ
  学び続ける、新しい情報を得る

行動を起こす・Ⅲ
  新しいことにトライする

行動を起こす・Ⅳ
  プロジェクトに参加する
  知識を共有したり、
  クリエイティブな解決策をまとめる

行動を起こす・Ⅴ
  キャリアの幸運をつくりだす  
  タイミングのよいチャンスを利用する
  未来はここから始まるということを理解する


行動することで、
いろいろな方と出会い、
多くの経験を重ねることで
考え方やスキルが磨かれます。
同時に、人としての幅や深みも
増すのではないでしょうか。

その結果の中に、自分が進む道が
おのずと拓かれていく。
それこそが
キャリアの幸運といえるのかもしれません。

行動は、自己実現のスタートラインです。

byえんぱぱ

PageTop

きょうのデザート

きょうのデザートは、ガトーショコラ、、
手作りガトーショコラ2010.2.10

チョコのよい香りと、
しっとりした舌触り、
お味もGood!!

思わず “どこで買ってきたの?”
と聞きたくなるのですが、
実は、、、娘の渾身の手作りでした。

いや~、、、
いつの間にか腕をあげて!!

ミントの葉を添えたかったのですが、
この冬、うっかり枯らしてしまいました。

問題は、リクエストした時に
もう一度、同じ味のものが
できるかどうか、、、なのです(笑)

ごちそうさまでした。

byえんぱぱ

PageTop

春は、繰り返し巡りくる、、、

少しずつ寒暖のリズムを変えながら
昼間の明るい時間が長くなってきました。

この時期、春に向かいながら
輝きを増していく日差しに
うきうきと、心が躍るのは
どうしてでしょうか。

気持ちはもう、
記憶の奥にある桜の樹の下で
春に浸っているのです。

小さい時から
不思議に思っていたこの感じ、、、

哲学者の池田晶子さんの本に
同じような春の匂いを
感じることができました。

byえんぱぱ

人生は、
過ぎ去って還らないけれども、
春は、
繰り返し巡り来る。

一回的な人生と、
永遠に巡る季節が交差するそこに、
桜が満開の花を咲かせる。

人が桜の花を見たいのは、
そこに魂の永遠性、
永遠の循環性を見るからだ。

それは魂が
故郷に帰ることを希うような、
たぶんそういう憧れに近いのだ。

池田晶子 暮らしの哲学 
         毎日新聞社 刊 より引用 ~

PageTop

今年も、お出まし!

今年も、
お二人とも、お変わりなく
お出ましになりました。
おひなさま2010.2.7

春は、もうすぐです。

byえんぱぱ

PageTop