想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、  産業カウンセラー“enpapa”のブログです!

今年も、ありがとうございました。

白つばき2009.12.24

このブログに、ご訪問いただいたみなさま、
今年も一年間お付き合いいただきまして
ありがとうございました。

仕事や産業カウンセラー関連では
今年も多くの方々とおめにかかり、
交流させていただきました。

勉強会“こころのそよ風”の皆さんとは、
共に学びながら、
和気あいあいと楽しい時間を
共有させていただきました。

私的には、
新年早々、初孫の誕生で1年がスタート。

継母、義母の入退院がありましたが、
お蔭さまで、その後の経過も良好。

もうすぐ初誕生を迎える孫は、
パパ・ママにとどまらず、
継母、義母、そして私たち夫婦に
あり余る元気をたくさん分けてくれます。

とても幸せな1年を
過ごさせていただきました。
心より感謝!!

来年もみなさまとともに
幸せな1年となりますように!

良いお年をお迎えください。

enpapa

PageTop

採用基準

週刊ダイヤモンドの書籍広告で見て
早速購入。
PC232802_convert_20121223083437.jpg
採用基準 
~ 伊賀康代・著 ダイヤモンド社~ 


コンサルティングファームの
マッキンゼー日本支社で
人材育成や採用を担当した著者が
マッキンゼーが求める人材や
リーダーシップ育成論について
述べている。

私自身、転職経験の中で
幾度も新卒・中途の選考・採用に
関わってきた。
一番苦心してきたのは、
採用と入社後の育成のギャップという点。

昨今大きく変化してきたものの、
中途半端な成果主義の中で
年功序列と終身雇用をベースに生まれた
日本流リーダーシップ論から
抜け出せない企業も多いのではないか。

著者の会社では、
“選び”“育てる”方向性、
企業としてのスタンスが
確固たるもので、ぶれがない。

その理念の実践として
この本に書かれているのが、
マッキンゼー流リーダーシップ論。

まだまだ読み始めの部分だが、
グローバル視点のリーダーシップや
キャリア形成についての指導書としても
興味深い一冊だ。

PageTop

暖かい部屋の中で

年末の三連休、天気予報では、
寒波で雪が舞う模様。

PC232804_convert_20121223083508.jpg
室内ではシクラメンが満開になった。

先日オニヅカバイオで買い求めたバラ
PC232806_convert_20121223083545.jpg
庭に植える予定だったが、
咲き始めたので
もう少し室内で楽しむつもり。

野生の仲間は、
とっくに冬眠しているけれど、、、
PC232807_convert_20121223083639.jpg
かめきちくんは、
今日も暖かい部屋の中を
シャカシャカと動き回っている。

PageTop

ゆうじんの会、今年の締めくくり

昨夜は、久々の“ゆうじんの会”勉強会。

16名ほどのおなじみの顔ぶれが揃い、
F先生の森田療法についてのお話を伺った。

今年、F先生たちは
フォロワーシップについてのNPO法人を
立ちあげられ、活動を開始。
いろいろな場面での講義やセミナーを
計画されているようだ。

さて、勉強会の後はお待ちかね忘年会

ふぐ料理のコースを楽しみながら、
各自、今年と来年の漢字壱字とその思い、、、
メンバーお互いの質問ゲームなどで、
大爆笑の連続、、、。

それぞれの人柄や考えが垣間見える
とても楽しい時間を過ごさせていただいた。

N先生をはじめ多くの先輩方と
貴重なご縁をいただき、
幸せな充実感を得ることができて
感謝に堪えない。

N先生の言葉通り、
来年も
“ゆるゆる~と、自分磨き”の一年にしたい。

PageTop

福岡エリア懇親会

N先生からメールでお誘いいただき、
昨夜開催された福岡エリア会員の懇親会に出席した。

協会九州支部の先輩方、養成講座の先生方
今年、養成講座を修了されたニューフェイスの方々など
約50名が出席。

K先生の博多弁での口上でスタート、
アイスブレイクでの自己紹介やクイズ大会など
和気あいあい賑やかな時間を過ごさせていただいた。

クイズと言っても
カウンセラーの集まりらしく、
一瞬、テストか?と思うような
心理学や講座テキストからの真面目な出題ばかり、。
珍解答や散々な結果にも笑いが起きる。

終了されたばかりの方からは、
来年のカウンセラー試験についてのお尋ねも多く、
そういえば、試験前はこんな感じだったと、
懐かしく想い出された。

お名前だけ存じている先輩にもお目にかかれたが、
久し振りに同期の方にお会いできたのが
とてもうれしかった。

多くの方とお話できて、
“とまり木の会”勉強会とは一味違った
笑顔と笑い声に充ちた楽しい時間だった。

次の再会を楽しみに、
修了者の方々の合格を祈りつつ、
会場を後に、、、。




帰路、通りかかった博多駅の広場は
イルミネーションのきらめく光にあふれていた。
DCIM0097_convert_20121212214938.jpg
2012年も残すところ、あと20日程。

PageTop

師走と冬の花


気がつくと、
いつの間にか、
椿が静かに咲き始めていた。

今年もあと1ヵ月足らず、、、

年を重ねると
1年がとても早く感じる。

、、とある学説によると、

10歳の時の1年は、
生きてきた時間の10分の1、、

60歳の1年は
同じくそれまで生きてきた時間の60分の1、、

生きてきた時間のサイクル(リズム?)が
年々早くなり、
10歳に比べ6倍の速さということらしい。

受験を控えた私たちに
高校の英語教師が
しきりと説いていた言葉
(当時、英訳で習ったのかどうかは記憶にないが、、、)

光陰矢ごとし
(少年老い易く学成り難し)
一寸の光陰軽んずべからず!!”

過ぎてしまって気付くのが
所詮、人間たるゆえんかもしれないが、、、。



こちらは娘から預かっているシクラメン、
厳しい夏をしっかり越して
立派に3年目の花を付けている。
PC052800_convert_20121205225008.jpg
クリスマスには満開になるだろう。

PageTop