想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、  産業カウンセラー“enpapa”のブログです!

オニヅカバイオへ

日曜日、秋月方面へドライブ。

秋月の“ちきた”で
キノコつけ蕎麦、そばがき入りぜんざいで昼食、、、
その後、“月の峠”で天然酵母のパンを買って、
帰り道は、いつものコースで
オニヅカバイオへ寄り道した。

ここも、入院や継母の件でご無沙汰していて
約1年ぶり。
残念ながら井上店長は、
ハウステンボスのイベントや出張で不在だったので
お会いすることができなかった。

P9271570_convert_20150927171257.jpg

秋の寄植えがいっぱい。
P9271573_convert_20150927171335.jpg

P9271574_convert_20150927171425.jpg

花壇の植替え用に、
イングリッシュ・ラベンダー4鉢とミニバラ2鉢を購入。
見ていると花の名前が次々に思い出されて、
まだまだ記憶は衰えていないようだ(笑)
久し振りにゆっくりと
いろいろな花を楽しむことができた。

オニヅカバイオシステム 筑前直売店
TEL 0946-42-8333
福岡県朝倉郡筑前町東小田五郎丸1291
*大きな温室が目印。
 お店の中は四季折々の花苗や寄植えがいっぱい。
 ガーデニング教室なども随時開催されている。

PageTop

9月の佐賀会員研修

25日(金)の夜、
佐賀市のアバンセで開催された
9月の佐賀会員研修に出席。
出席は20名程度。

病気入院や継母の件があり、
おおよそ1年ぶりの研修受講だった。

双極性障害の事例と躁転(うつから躁状態へ)の兆候、
軽躁状態へのコ―ピング(対処法)など、
いつものように西九州大学の古賀先生の
わかりやすい講義だった。

閉会時に地域責任者からご紹介いただいたのが、この本。
日本で一番やさしい
職場のストレスチェック制度の参考書

P9271577_convert_20150927171459.jpg
協会推薦の書籍だそうで、
ストレスチェック制度の詳細や実施事例、
書式例も載っている。

当社も実施対象になっていて、
健診機関と実施に向けた検討を
始めたばかりなので、
参考書として購入した。
*ちなみに1冊800円
 税分はおまけしてくれた。

次回は、10月23日(金)
”社会不安障害と対人恐怖”の予定

PageTop

広島へ、、④岩国

最終日の3日目は、山口県岩国市。

朝のうちが混まないだろうと、
錦帯橋へ寄った。
P9221548_convert_20150923172037.jpg
橋を渡ったり、河原で遊んだりしたあと、
早めに次の目的地を目指す。

国道2号線で山の中へ、、、
欽明路に合流する前の山の中にあるのが
いろり山賊
P9221563_convert_20150923172117.jpgP9221564_convert_20150923172234.jpgP9221565_convert_20150923172311.jpg
15年程前の深夜、広島から福岡へ帰る途中、
欽明路に入りそびれて、
そのまま山の中の国道2号線を通ったが、
山中で煌々と灯りがついて賑やかな様子に
ビックリした思い出がある。
その正体が、この山賊だった。

さすがに観光名所?午前11時頃で、
すでに数ヶ所の駐車場は満車。
やっと入った場内は、席待ちで数十人から百人近い列だった。

学生時代に何度も来た事がある娘は、
どんどん奥に入って行き、
本館の大広間へ。
すんなりと座ることができた。

ほとんどのお客さんは、
林の間にある桟敷席に並んでおり、
奥の本館に座敷の大広間があることを知らないらしい。

P9221578_convert_20150927171217.jpg
本館の中にもあちこちに鎧兜や大提灯、
時代がかった調度品などがあり、
さながらテーマパークのようだ。

P9221569_convert_20150924211934.jpg山賊焼き(鶏ももの炭火焼き)
山賊焼きや山賊おにぎり、
ヤマメの塩焼きなどを堪能した。

帰りのお土産は、
P9241568_convert_20150924212101.jpg
カルビーご当地味のポテトチップス“山賊”バージョン
軽いのでダンボール入り1箱お買上げ!

ぼちぼちと国道2号線を帰り、
山陽道(宇部線)埴生ICで高速に上がって、
16時半頃には自宅に帰りついた。
一時渋滞にもまれたが、充実の3日間だった。

***
昭和50年代のこと、
広島を訪れた際、2度、
堀川町の“大学”という店で飲んだことがある。
ガイドブックにも載っていたこの店が、
この山賊のルーツだった!
どおりで、山賊おにぎりや鶏ももの炭火焼きなど
メニューに見覚えがあったはずだ。

PageTop

広島へ、、③宮島

2日目午後、
広島呉道路から広島高速3号線を通り、
宮島方面へ、、、。
婿殿と孫たちは行ったことがないので、
宮島の厳島神社へ寄る事にした。

国道2号線の廿日市あたりから渋滞し、
海岸線と並行に走る阿品あたりで、ほぼ停滞。
どうにか宮島口に入ったが、
駐車場がどこも満車で、
誘導されるままに遠くの駐車場へ入った。

JRフェリーも凄い人だかりで、
10分おきの便で2便待ちだった。
連休の真ん中で混むと予想していたが、
これ程とは、、、。

参道やお土産店も大混雑。
宮島名物の鹿も、
人の多さに恐れをなしたか、
ほんの4~5頭しか見当たらなかった。

帰りも、厳島神社の入口あたりから
フェリー乗り場へ延々と長蛇の列で、
1時間待ちでやっと船に乗れた。

P9211525_convert_20150923171943.jpg
大鳥居が、夕日で黄金色に輝いて美しかった。

もみじ饅頭も良いが、
我が家では、こちらの方が美味しくて評判だった。
P9241567_convert_20150924212022.jpg杓子せんべい

***
今日の宮島の人口?は、何万人いや何十万人かな?と
冗談で話していたが、
JRが発表したJRフェリー利用者は
17万2千人(前年6万8千人)で、
なんと前年比253%(ゴールデンウィーク比113%)
もうひとつ民営のフェリー航路があるので、
おおよそ35万人が乗ったことになる。

PageTop

広島へ、、②呉

2日目は、
今年3月に全線開通した
東広島呉自動車道を通って、呉市へ、、、
P9211514_convert_20150923171909.jpg
仕事や休日に何度も訪れたところだが、
造船所や海上自衛隊の基地など
幼少を過ごした佐世保と
街の雰囲気がとても似ていて、懐かしい。

突如現れる潜水艦!
P9211506_convert_20150923171640.jpg
退役した潜水艦“あきしお”だが、
その大きさにビックリ!

潜水艦が停泊しているアレイからすこじまは
ここから車で5分ほどの距離。
その他にも、いろいろな護衛艦や補給艦を
見ることが出来る。

大和ミュージアムへ行ってみた。
P9211508_convert_20150923171724.jpg
P9211510_convert_20150923171807.jpg
当時の技術力の高さを実感したが、
同時に戦争の為の船であり
多くの命が失われた事を考えると
いたたまれない。
沈没前の艦上は、
地獄絵図の様であったであろう。

安保関連法案のこともあり、
無邪気に走り回る孫を見ながら、
複雑な気持ちになった。

PageTop

広島へ、、①東広島

P9211500_convert_20150923171548.jpg
5連休の20日(日)広島へ出かけた。
初日は、東広島市へ、、、
昼前に、一つ手前の山陽道志和IC付近で
2時間も渋滞にはまってしまった。

お昼に着いて、
お好み焼きを食べるはずだったが、
市内に入った頃には、
お好み焼き屋はどこも
午後の休業時間帯。
やむなく、さぬきうどんのお店で遅い昼食となった。

東広島市は、人口19万人
標高200mほどの盆地にあるので、
冬は寒さが厳しい。
中心部の西条には、多くの酒蔵があって、
10月上旬には、“酒まつり”で賑わう。

たまたまこの地にある大学に
娘が進学する予定もあったのだが、
縁あって、花苗を作る農業法人から声がかかり、
労務管理や生産管理の仕事に
平成12年~17年までの5年間携わった。

5つの農場に80棟のビニールハウスがあり、
最盛期には80名ほどの社員を抱えていたが、
現場の作業指示、生産計画や出荷計画以外にも
ホームセンターや都内のデパートへの販促、
国の補助事業、日本農業法人協会等の活動にも関わった。
おかげで、日本全国の方々とも面識ができ、
農業という第一次産業を体験することが出来た。

娘が大学の4年間
アルバイトさせていただいたお店の方とは
九州へ戻った現在も、
家族ぐるみのお付き合いをさせていただいている。

夜は、そのお店に、
農業法人時代の同僚夫婦と
生まれたばかりの子供さん、
娘夫婦と孫二人、私達夫婦、
賑やかで、
里帰りのような楽しい夕食会となった。

その同僚(といってもまだ30代後半なのだが、、)は、
国立大の農学部出身ながら、
農業法人退職後は、税理士の資格を取り、
父の税理士事務所を継いでいる。

フットワークも軽く、
笑顔が絶えない好人物だが、、
180度のキャリア遍歴は
かなりの努力とご苦労があったであろう
、、と心から敬服している。

ふとした縁で九州を離れたが、
得がたい体験をし、
多くの方とのつながりが出来て、
忘れがたい土地となっている。

PageTop

アマチュア無線

先日、アマチュア無線のアンテナを
つけた乗用車に遭遇!

以前は結構見かけたが、
携帯電話の普及に伴い激減。
最近はなかなかお目にかからない。

私自身、30代後半に
第四級アマチュア無線技士の資格を取り、
144MHzや430MHzの周波数帯で交信していた。

アマチュア局のコールサインは、
JM6WML
(ジャパン・マイク・シックス・ウィスキー・マイク・リマと読む)

家では
ベランダにアンテナを出し固定局運用、
車にも
アンテナをつけ無線機を載せて、
山登りの時は、
ハンディ無線機を持っていた。

会社の同僚との日常会話、
台風のときの緊急連絡、
山の上から他県の人との交信など
結構楽しみながら使っていたが、、、

PHSや携帯電話を使うようになり、
無線局免許の更新切れで
いつの間にか、懐かしい趣味となってしまった。

PageTop

磨く楽しみ

めっきり涼しくなり、
秋晴れの日曜日、、、

思い立って、
朝のうちにガソリンスタンドで
洗車と拭き上げ、
所用を済ませて、16時頃から約2時間
車のワックス掛けをした。

入退院や継母の用事など
なにかしらの予定で時間が取れず、、
なんと、今年は初めて。
それにストーマがあるので
汗をかく夏の時期は避けていたこともあるが、、、、

以前、一時期、
メタリック塗装の車にしたのだけれど、
やはり磨く楽しみが恋しくなった。
人気のパール色もメタリックなので敬遠、
結局ホワイト塗装車に戻っている。

若いときは、
ホワイト用ワックスの後に艶出し透明ワックス、
と二度がけも平気だったが、
時間と体力を考えると
さすがに最近は一度のみ。

洗車とワックス掛けは、
趣味のようなもの。
ひたすら作業しているときは
何も考えていない。
その無心状態が、
心理的にとても良いのかもしれない。

それに終了後の光沢や肌触りが
なんとも言えない達成感(?)と自己満足を
与えてくれる。

この車も、
5年半で160,000㎞走ったので、
近々代替予定だが、
次もやはり“スーパーホワイトⅡ”に、、、

PageTop

秋になって

台風が頻繁にやってくるけれど、
そのたびに涼しくなり、
秋が深まっていく。

この時期、
露天風呂に入って
次第に色づいていく景色を
眺めるのが、なんともいえず心地よい。

以前は、月に2~3回
山鹿の平山温泉や
小国や阿蘇の温泉を楽しんでいたが、
入退院以降、諸事に追われて
半年程ご無沙汰している。

貸切の家族風呂ならOKなので、
そろそろ再デビューも良いかな?
紅葉が見れる家族風呂を探さねば、、、。

PageTop