想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、  産業カウンセラー“enpapa”のブログです!

記録更新!!

記録更新!!
DSC_0172_convert_20160729122856.jpg
AVG 38.7km/L TRIP 30.8km 

数日前にも AVG 37.3km/L が出たので、
今朝は、いつも通る鳥栖筑紫野道路ではなく
起伏の少ない国道3号線のルートを選択。

Aツーリングのカタログ燃費
JC 08モード 37.2km/Lを超えているが
満タン法とメーター表示の誤差が10%ほどあるので、
実質は35km/L 程度か、、。

それでも30型に比べると飛躍的な伸び方。
更なる記録更新なるか?

PageTop

夏の収穫

今日の収穫、無農薬のミニトマト2種
摘んで2~3日で追熟し食べ頃に、、、

雨が降らずに暑い日が続くので、
さすがに葉が枯れ始めた。
いまが結実のピーク。

PageTop

平戸④ 呼子

平戸からの帰路は、
松浦・伊万里・呼子経由を選んだ。

海を眺めながらの国道204号、
途中、玄海町 浜野浦の棚田や
玄海原発の傍を通り呼子到着。

日曜日で呼子の有名店は混雑するので、
お昼は、国民宿舎 波戸岬にした。
ここでもイカの活造りが食べれる穴場スポットだ。
DSC_0162_convert_20160728084838.jpg
新鮮なイカ刺しと天ぷらに舌鼓を打った後は、
波戸岬の海中展望塔へ
DSC_0164_convert_20160728124557.jpg
孫たちは海中よりも、
塔の上からの餌やりに集まってくる魚に
歓声を上げていた。

二丈あたりで若干渋滞があったものの
西九州自動車道、福岡都市高速外環状線経由で無事に帰着。
海三昧で充実の2日間だった。

PageTop

平戸③ 朝のクルージング

日曜の朝、チェックアウトのあと、
田平の港へ。

ホテルの宿泊者サービスで、
高速船でのクルージングを楽しんだ。
DSC_0153_convert_20160727123809.jpg
3隻の船に各40人程を乗せて
平戸瀬戸を約30分のクルージング。

五島列島や男女群島まで
走っていく瀬渡しの釣り船だけあって
船首を浮かせる程のスピードで
3隻が競い合うように走る。

朝の潮風がとても気持ちよく
波を立てながら走る爽快さは格別だった。

PageTop

平戸② 平戸瀬戸

DSC_0148_convert_20160727123750.jpg
平戸瀬戸の朝
窓を開けると、潮の匂いが懐かしい。

子供の頃は
ひっきりなしに往復するフェリーや
離島航路の船でにぎわっていた瀬戸も
通り抜ける貨物船や漁船がたまに通るだけ。

静かな夏の朝。

PageTop

平戸① 人津久海水浴場

土日を使って、平戸へ出かけた。

目的のひとつは、亡くなった伯母宅への弔問
私の実母の姉にあたり、5年ほど前にお会いしていたが、
葬儀には参列できなかった。
跡を継いだ従兄弟は、町の行事で不在。
お仏壇に手を合わせ、従兄弟の奥さんとお話した後に
そこから車で10分ほどの海水浴場へ。

もうひとつの目的は海水浴。

平戸市獅子町・人津久海水浴場

きめ細かな砂と透明な澄んだ遠浅の海で
大人気の場所だ。

妻と娘夫婦、そして4才・2才の孫は海水浴デビュー
大はしゃぎで楽しい時間を過ごした。

小学生の頃、従兄妹たちは
夏はいつもこの海(根獅子・人津久)で泳いだと、
自慢げに話していたが、
初めて訪れてみて、さすがに美しい浜だと感心した。

PageTop

大好きな頂き物

DSC_0114_convert_20160726185034.jpg
愛飲している幸蔵と同じ甕壺仕込みなので
嬉しい頂きもの
いつ封を切ろうか、小市民の贅沢な悩み

PageTop

記録更新中


今朝の燃費は、
これまでの最高値 AVG.36.7km/L TRIP 31.4km
37km/L達成したが、駐車したとたんに
充電の為にエンジンがかかりダウン。
この次に期待、、、。

PageTop

梅雨明け!


本日、梅雨明け
街路樹の蝉が一斉に鳴きだした。

PageTop

ストーマ勉強会

土曜日は、午前中出勤し、
午後、日本オストミー協会福岡県支部筑紫分会の
勉強会に出席した。

12~13名ほどの出席者があり、最初は会長さんのお話。
消化器系と泌尿器系では装具や悩みが違うので、
消化器系・コロストミー(大腸ストーマ)イレオストミー(回腸ストーマ)
泌尿器系・ウロストミー(尿路ストーマ)、に分かれて意見交換。
各グループちょうど半数ずつの人数になった。

ウロストミーのグループ6名は、
先月ストーマ造設手術をし退院したばかりの方
20年のベテランの方
現在、抗がん剤治療を受けている方などさまざまだった。

ストーマの形状や装具の種類、
交換周期や交換手順、漏れ対策などを
意見交換したが、
それぞれみんな違っていて興味深かった。

自分のやり方が普通と思っていたら、
うなずかれる方、えーっと驚かれる方など、、、
反応は様々。
私の交換周期が5日に1回は長いほうで、
多くの方が、3日周期でうらやましがられた。
自分で装具交換ができずに、配偶者にやっていただく方も、、、
今回の勉強会では、他の方のお話を聴いて
大変参考になったとの声が多かった。

勉強会や研修で同じような仲間が集い、
悩みを打ち明けたり意見交換をすることで
ひとりではないという心強さを感じて
前に進むきっかけになると思う。

県支部の話では
日本オストミー協会入会者はオストミー全体の5%程度、
分会エリアの春日・大野城・筑紫野各市では
10%に留まっている。
今回、ひとりでも多くの方に
参加していただきたいという思いがとても強くなった。

PageTop