想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、  産業カウンセラー“enpapa”のブログです!

東京・横浜③

2日目・3日目は横浜

レインボーブリッジを眺める港に
大型客船や湾内クルーズ船、巡視船、貨物船
変わったところで、米軍の双胴船、観光用の水陸両用車など
多種多彩な船のオンパレード。

ここでも赤い靴号という周遊バスを何度か乗り降りして
名所めぐりをしたが、1乗車100円という安さ、
運転手さんがガイドしながら、
ブルーライトヨコハマを歌ってくれると言う
楽しいおまけもあって、乗客の笑いや拍手が絶えなかった。

DSC_0399_convert_20161004164234.jpg
近年人気の赤レンガ倉庫

DSC_0401_convert_20161004164357.jpg DSC_0402_convert_20161004164418.jpg
横浜中華街

最終日の午後は、東京へ戻り、
銀座や八重洲口を散歩。

台風接近で帰れるか心配したが、
無事に夕方発の便で帰還。
福岡空港では娘夫婦と孫たちのにぎやかなお迎えで
3日間の楽しい旅を終えた。

おまけ・・・羽田第2ターミナルに展示されていたホンダの新NSX
       多くの人がシャッターを押していた。
_20160920_113014_convert_20161004164212.jpg

PageTop

東京・横浜②

はとバス観光の後は、
丸ビルの千疋屋でティータイム
DSC_0350_convert_20160926170250.jpg

ぶらりと、丸の内界隈を散策。
DSC_0351_convert_20160926170311.jpg
イベントがあっていて、JAZZの演奏も、、、。
いかにも休日の午後というゆったりとした時間だった。

その後、定番のスカイツリーへ。
DSC_0373_convert_20160926165435.jpg
相当な混雑で大変だったが、
どうにか、最上階の展望室まで到達。
DSCN1100_convert_20160926165519.jpg
夕食は東京ソラマチ30階のビアパブで。
遠くに東京タワーも見える夜景と美味しい料理で
東京見物の初日を終了した。

PageTop

東京・横浜①

9月の3連休、
久しぶりに東京へ、、
仕事では何度も足を運んだが、
遊びでは初めて。

定年の記念で遊びに行こうと話していたが、
旅行どころか入院・手術を余儀なくされ、
継母の葬儀や法事に終わった昨年だった。

一周忌も済んで、
妻への長年の感謝と慰労を兼ねて
思い立ったときに行かないと
と言うことで出発!

DSCN1079_convert_20160926165407.jpg
東京駅で、はとバスの1時間早周りコースを利用した。
2階建オープントップバスで車上から、
皇居~国会議事堂~東京タワー~レインボーブリッジ
~お台場などを巡るコース。

DSCN1075_convert_20160926170945.jpg
いま話題の豊洲新市場

DSCN1076_convert_20160926171017.jpg
築地市場の狭い路地はどこも、
例も問題もあり、おりから3連休ともあって
もの凄い人出で大混雑していた。

PageTop

佐賀県立美術館


所用で佐賀市内へ

県庁近くを車で走って、
佐賀県立美術館の前を通りかかった。


たしか、高校3年の秋だったと思う。
或る日、ジャズ喫茶“アップル”のマスターが、
“明日、佐賀の美術館まで展覧会を見に行く”と言う。

それは、仮面の画家とも言われる
ジェームズ・アンソールというベルギーの画家の展覧会。
話を聞いているうちに、無性に行きたくなった。

平日だったので、何かの理由をつけて学校を休んだと記憶している。
黄色いマツダのロータリー・クーペに乗せてもらい佐賀へ。
代表作のひとつ、“仮面の中の自画像”がポスターになっていたが
当時高校生の私にとっては、
絵に込められたメッセージを理解するのは非常に難しかった。

佐賀の商店街の脇道にある喫茶店“モンセフリ”(背振山の意味)で
コーヒーを飲んだり、
帰路は、佐世保の焙煎屋でコーヒー豆を買って帰った。

帰り着くと、下宿をしていたお寺の奥さんから、
学校から連絡があったことを伝えられたが、
展覧会を見に行ったと答えると、
笑って、それ以上は追及されなかった。


44年前の秋の想い出




PageTop

昨日のお土産

昨日のお土産

三連水車の里にあった
熊本・満願寺、高村牧場の牛乳
_20160911_082455_convert_20160912091629.jpg
黒川温泉で朝食に出るのは、これ。

脂肪分が、搾りたてと同じなので良く振って飲むのだが、
それでもつぶつぶになった脂肪が残って、
時折、バターのような口当たりがある。
濃厚で、一度飲むと忘れられない。

道の駅“原鶴”のイベント、
嘉麻市のコーナーで日本酒2種
_20160910_190041_convert_20160912091553.jpg
寒北斗があったので衝動買い。

寒北斗は、20年程前、
小倉堺町の料理屋さんで教えてもらったお酒。
男山、八海山、久保田、十四代、天狗舞、雪漫々など
主に東日本の酒を飲んでいる時に、
九州の銘酒と教えてもらった。
その後、日本酒の鑑評会で日本一になったらしい。
この名前を見ると、あの頃の、あのお店が懐かしい。

PageTop

林檎と向日葵と、

土曜日は天気も良いので、
朝倉市へりんご狩りに出かけた。

アップルパイがおいしい“林檎と葡萄の樹”の果樹園へ。
巨峰もあったが、目的はりんご。
あまり赤くならない品種で、名前を聞き忘れた。
_20160911_161216_convert_20160912091652.jpg
孫たちはゆっくり品定めするでもなく、
どんどん採っていく。
あっという間にカゴが重くなり、終了。
案の定、裏側に虫食いがあったり、
傷んだものも、、、。

娘が小学生の頃も数度連れて行ったが、
一個ずつ念入りに品定めをしながら収穫していた。
男の子はもぎ取ること自体に夢中で、
そんなことは、お構いなし。
男の子と女の子は、こうも違うものか。

イチジクや定番のアップルパイも買って
リンゴ園を後に、、、。

近くの“三連水車の里”で、お昼ご飯
そのあと遊戯具がある公園や芝生広場で
ひとしきり遊んだあと、
道の駅“原鶴”へ。

イベントやひまわり畑の摘み取りがあっていて
車や人で大賑わいだった。
_20160910_154147_convert_20160912091457.jpg
孫たちは、自分の背より高いひまわりの間を
駆け回って喜んでいた。

PageTop

9月の苦い思い出

20年程前のこと、、、
石油化学製品の輸送会社に20数年勤めたあと、
リクルートの紹介で熊本の通販会社に転職した。
娘の学校のこともあり、とりあえず単身赴任。
そこで総務人事の仕事に就いた。

採用や考課制度、組織変更などの人事施策や
グループ会社合併、CIプロジェクトなど
忙しい毎日を送って3年目、、、

新社屋ビルにオープンしたレストランが
コンセプトや開業の計画が甘く半年目で大赤字。
てこ入れを図るにも若い社員(平均年齢28歳)ばかりで
どうにもならず、自薦と当時の役員の依頼もあって、
総務人事部門は、後任に任せて、
3月に店舗事業部へ異動した。

ビルの1・2階を使ったおしゃれなレストラン。
天気の良いときは、オーニングを拡げ、
オープンテラスで食事やティータイム。
地場のお米、牛乳、有機野菜や生パスタなどを使って
料理の評判もとても良かった。

コスト削減やシフト見直し、特別メニューのフェアなど
店舗スタッフと一緒に奮闘したが、
黒字には程遠く、8月に閉店決定。

そのあとは9月の1ヶ月間で
パートや店舗社員の解雇、再就職斡旋
備品売却などの残務整理に追われた。

店舗のパート社員らに解雇を申し渡すときは
辛くて、そして無念のあまり
言葉に詰まり、涙ぐんでしまった。
ただ退職金が出ない分、会社に交渉して
有給休暇の買い上げなどの処理を認めさせたのは
せめてもの償い。

その時、備品売却の社員販売で買ったのが
ナイフ・フォーク3組やワイン数本

左のナイフは、シェフから記念に貰ったもの。

すべての処理が終わった後、
同時に募集があった希望退職(といっても指名解雇に近い)で
20数名の仲間とともに
この会社を後にした。
(のちに残った役員や管理職もことごとく会社を去っている)

入社したこの会社の経営者の考えや行為で
人生が変わった人も多く、
勉強になったものの、会社とは、、、仕事とは、、、と
やりきれない気持ちが残った。

夏が過ぎた9月は
いつまでたっても苦い思い出、、、。

PageTop

小さな秋

駐車場の植込みでみつけた小さな秋

どんぐりの赤ちゃん

孫たちは、どんぐりが大好き
車やおもちゃ箱など、いろんなところから
去年のどんぐりが出てくる(笑)

今年も楽しみにしているようだ。

PageTop

台風一過、、、

台風12号、、、
心配するほどの雨や風もなく、
福岡県の沖合いを通り、熱帯低気圧になった。

台風一過、朝の雫
_20160904_094157_convert_20160905152424.jpg

PageTop

台風12号

台風12号が接近、
このまま進むと、あす月曜の朝には
長崎・佐賀・福岡を直撃しそう。

会社の建物設備は台風対策済み。
月曜のいくつかの予定も延期した。
無事に通り過ぎるのを祈るのみ。

嵐の前の静けさか、、、今日の夕日
DSC_0298_convert_20160905152249.jpg
同じ時刻、東を見ると、
四王寺山に虹がかかっていた
DSC_0299_convert_20160905152312.jpg

PageTop