想い、、その先へ!!

意思と行動で、偶然を必然に変えて、、 “enpapa”のブログです!

アル・ディ・メオラ(g) OPUS

週末は、アル・ディ・メオラ(g)
今年4月にリリースされたばかりの
最新アルバム OPUS

いつもながらメオラのアルバムは、
クリアでクリスタルな音に満ちている。

Notoriousは、
レッド・ツェッペリンを
イメージして作った曲らしいし、
他にも、タンゴ調の哀愁溢れる曲や
ドラムスやパーカッションが
個性的で素晴らしい曲も。

私的には、
ギターで歌うような Broken Heart
アルペジオが美しいFrozen In Time
などがお気に入り。

私と同じ1954年生まれで
年齢を重ねたせいか、
全体的に、落ち着いた美しい曲が
多く収録されている。

2018.6.8
15284390200.jpeg

PageTop

フレディ・ハバード(tp) Red Clay


今週は、フレディ・ハバード(tp)の
リーダーアルバム、Red Clay

リー・モーガンの後を受けて
アート・ブレーキーの
ジャズメッセンジャーズで
活躍したハバードだが、
その後、ハービー・ハンコック(ele-p)の
VSOPというバンドのメンバーとなった。

ロン・カーター(b)とともに
ハンコックの名アルバム 処女航海でも
パワフルな演奏を聴かせている。

タイトル曲よりも、
The Intrepid Fox が気に入っている。
ジョー・ヘンダーソン(sax)との
息の合ったオープニングから続く
それぞれのソロは、シャープで、
元気溢れて光っているし、
ハンコック(ele-p)のソロは、
フュージョン、フリージャズの
独特の響きを感じさせる。

70年代ジャズの郷愁に浸る幸せな時間、、、

2018.6.4
34504433_459222404514900_7540329148468690944_n_convert_20180604181234.jpg

PageTop

梅雨間近、、、


案件重なり、土日とも、
休日出勤。

孫の小学生初の運動会に行けないのが、
残念(>_<)

帰宅後、そら豆 収穫。

もうすぐ梅雨入り、、


33504555_455459284891212_1515577401935921152_n_convert_20180527090439.jpg

PageTop

アート・ブレーキー The Jazz Messengers MOANIN´



微熱が残る週明け、、、
いまいち本調子ではなく、
静かなピアノソロか?と選曲するも、
しっくりいかない。

落ち着いたのは、
アート・ブレーキー(ds)が再編成した
The Jazz Messengersのアルバム
MOANIN´ 1958年収録

タイトル曲は、
ボビー・ティモンズ(p)の作、
収録時なんと23才。
このアルバムが大ヒットし、
JAZZのスタンダードナンバーになったが
日本でも、後に
CMやTV番組のテーマに
使われた馴染みの曲。

リーダーのアート・ブレイキー(ds)は、
当時39才、
ジミー・メリットは、32才
ベニー・コルソン(ts)29才、
リー・モーガン(tp)は、なんと20才!

コルソンのサックスや
モーガンのトランペットが
若いパワーで勢いの良い
ロングブレスソロを聴かせて
格好いい!
他の収録曲もGood!

リー・モーガンのtpは、
私にとって、
究極のエナジーパワー!
元気が湧いてくる

ただ、モーガンが麻薬に走り、
後の悲劇のきっかけを作ったのは、
アート・ブレイキーらしいので、
とても好きなアルバムだが、
複雑な心境、、、
2018.5.22

PageTop

デンファレ開花

今年もデンファレ開花。

大鉢の方は、株を整理して、
植え替えたので、来年の楽しみ。
33059361_451682598602214_1672911597405732864_n_convert_20180521171738.jpg

PageTop